お役立ち仕事コラム

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

更新日:

dries van noten オーバーサイズ チェックシャツ

 

このような発達障害に伴って発症する精神疾患など、二次的な症状のことを「二次障害」と呼びます。

 

例えば、「発達障害の特性により仕事でミスを繰り返し、上司に叱責され続けたことで気分が落ち込み・塞ぎ込み、うつ病を発症した」という場合のうつ病が二次障害にあたります。

 

あなたも、このような二次障害に悩んではいませんか?

 

今回は、発達障害の二次障害の症状や原因とその治療法や対処法について詳しく解説していきます。

【柄シャツ プリーツ グラデーション 紫 緑 マーブル ヴィンテージ感 古着】

働く上でこんなお困り
ありませんか?

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

この「二次障害」とは、診断書に記載されるような医学的な専門用語ではありません。

 

あくまでも発達障害の特性が原因で引き起こされる精神疾患等を総称したものです。

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

発達障害の二次障害の原因は?

発達障害の二次障害の原因として、発達障害の特性によって生じた日常生活や仕事などでの困りごとが蓄積された結果生じることが多いと考えられています。

 

発達障害のある方は、その特性や症状が見た目では分かりにくいことが多いです。また、発達障害と診断されていない場合でも「発達障害の傾向がある」、いわゆる発達障害のグレーゾーンにいる方もいます。

見た目からは特性・障害がわかりづらいことで、周囲からの理解を得られずにひとりで困りごとを抱え込んでしまうことがよくあります。

 

例えば、忘れ物が多い、集中力が続かない、周りの意図を汲み発言するのが困難といった特性が、単なる不注意や怠けと勘違いされ、そのミスを注意・指摘されてしまうことがあります。

 

周囲から理解を得られていないと、本人が怠けていたり、努力が不足していると思われてしまうことがあるのです。

 

wind and sea ウィンダーシー

 

二次障害を防ぐには日常生活や仕事において工夫や対策をすること、また、周囲の人に正しく理解してもらうことや適切なサポートを受けることで、二次障害を防ぐことにつながります。

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

KEBOZ トラックジャケットセットアップ

 

発達障害の症状の程度は、個人差があります。

 

自分の抱えているストレスや不安が、発達障害の特性によって生じているものが原因であると気づかないまま、日常生活で辛さや不安を感じながら生活している方もいらっしゃいます。

 

何かしらの不安や生きづらさを感じている場合は、無理に我慢せずに、医師による診察を検討してみると良いでしょう。

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

発達障害の二次障害は、発達障害の特性によって生じた日常生活や仕事などでの困りごとが蓄積された結果生じることが多くあります。

 

そのため二次障害への対処とともに、元々の発達障害での困りごとを軽減することも大事です。例えば以下のような対処が考えられます。

主治医に相談する

現在発達障害の治療で通院されている方は、二次障害についても主治医に相談をしてみるいいでしょう。

その際に二次障害としてどのような症状が出ているかを伝えることで、二次障害への対処や相談先を教えてくれることもあります。

 

もし二次障害の治療のために他の病院へ通うことが決まっている場合でも、主治医にはそのことを伝えておくことが大事です。

 

現在通院されていない方は、以前通院していた病院や発達障害支援センターなどに相談をしてみるといいでしょう。発達障害のある方への相談先は後ほど掲載します。

環境調整

発達障害の二次障害は、発達障害の特性によって生じた日常生活や仕事などでの困りごとが蓄積された結果生じることが多くあります。

 

職場などで今の環境があっていないと感じたときは環境調整を行うことで、困難を軽減し二次障害の症状を和らげることができるかもしれません。

 

環境調整の流れですが、職場の場合は上司や人事担当者、または社内の相談窓口などへ現在抱えている困難と、その原因や解消方法を伝えて調整していきます。

 

例えば発達障害の特性により「人の話し声が気になって業務に集中できない」という場合に「聴覚過敏があることを伝えてイヤーマフをつける」ことなどがあります。

 

そのほかにも職場の人に協力をお願いできる場合は、例えば「人の出入りや動きが目に入るとそちらに注意が逸れてしまう」という特性があるときは「席をパーティションで区切る」「入り口から一番遠い席に変更してもらう」などの環境調整が考えられます。

 

二次障害の症状に合わせた専門医で診察を受ける

相談の後に、二次障害の症状に合わせた専門医で診察を受けることを検討してみるといいでしょう。


二次障害として抑うつ状態など精神面で症状が現れている場合は、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどを受診しましょう。

 

適切な治療を受けるためにも、受診する際に担当医に発達障害のあることも伝えるようにしましょう。

 

治療方針が決まった後は、指示に従って治療に専念することが大切です。

精神的な症状が出ている場合は薬物療法などを行うことがあります。

 

Mykita 3本セットマイキータセット症状の改善が遅れたり、不調や悪化につながる原因にもなるので避けましょう。

 

何か気になることがある場合は、その都度相談するようにしましょう。
また、場合によってはセカンドオピニオンも選択肢に入れておくといいでしょう。

支援制度や支援機関を利用する

発達障害のある方や二次障害の症状に悩む方が利用できる国の支援制度や公的機関のサポートを活用することも有効です。

 

支援を利用し生活を送る上でのストレスや負担が軽減されることで、発達障害や二次障害の症状改善に繋がる他、症状の再発や予防も期待することができます。

 

<発達障害のある方が相談できる専門機関>

  • 発達障害者支援センター
  • Shane Gonzales for SALUTE ネックレス
  • 障害者就業・生活支援センター など

 

<発達障害のある方が受けられる支援制度>

  • 自立支援医療(精神通院医療)
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 障害者雇用での就職
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援
  • そのた他障害福祉サービス事業 など

就労移行支援と就労継続支援とは?

「就労移行支援」と「就労継続支援」は障害者総合支援法で定められた障害者福祉サービスの一つです。

 

発達障害や発達障害の二次障害により、働くことに困難や辛さを感じている方は、これらの支援制度の利用を検討するのもおすすめです。

  • 就労移行支援:一般企業に就職するために必要なスキルや知識を習得するために必要な職業訓練を行う
  • 就労継続支援:就労の機会の提供を受けながらも、働くために必要な訓練を行い、就労移行支援事業の利用・一般企業への就職を目指す

これらの就労支援サービスは、発達障害・精神疾患も支援の対象としているので、発達障害の二次障害に悩む方にとっても最適な支援を受けることができます。

 

働くために必要なスキルや知識を学び、自身の発達障害の特性にあった対処法を身につけることができれば、日常生活や仕事でのストレスや社会との不適応を減らすことが期待できます。

スタジャン マクレガー
働く上でこんなお困り
ありませんか?
当てはまる質問を一つ選んでください

発達障害の二次障害は、本人の工夫や治療に加えて、困難を感じる場合の対処法を学び、また周囲の人に相談し環境調整を行うことで、二次障害を予防することに繋がります。

 

また、発達障害の二次障害は早期発見・早期治療が重要です。

 

ベルベルジン berberjin オリジナル モヘアカーディガン ブラック 黒

発達障害のある方の就職をサポートしています

vaultroom zeta division hoodie パーカー XL

 

就労移行支援は一般企業に就職を希望する方々へ、働くための様々なサポートを行う福祉サービスです。

 

LITALICOワークスは各地で就労移行支援事業所を運営しており、これまで1万人以上の方の就職をサポートしてきました。

障害のある方が自分らしく働くために、ストレスコントロール・PC訓練・企業インターン・面接練習など一人ひとりに合わせたサポートを提供しています。

「働くことに悩んでいる」「体調が不安定で働けるかわからない」「一人で就職活動がうまくいかない」などお悩みのある方は、まずは就職支援のプロに相談してみませんか?

モンベル コロラドパーカ(リバーシブルダウンジャケット)

豪華 【adidas】70〜80sヴィンテージアディダス トラックジャケット ジャージ ジャージ

更新日: 公開日:
  • 監修者

    鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授/LITALICO研究所 客員研究員

    井上 雅彦

    応用行動分析学をベースにエビデンスに基づく臨床心理学を目指し活動。対象は主に自閉症や発達障害のある人たちとその家族で、支援のための様々なプログラムを開発している。

まずはお気軽にご相談ください
障害や就職のこと、LITALICOワークスに相談してみませんか?
ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。無料でご相談いただけます。
お電話でのご相談もお待ちしています。
受付時間 平日〜

このページに関連する
おすすめコンテンツ

MAIL.TREC.FIT RSS